海外 radiko

今日本にいるため試すことができないのですが、インターネットラジオのradikoは、通信を行っている地域にあった(日本の)放送を聞くことができるサービスのため、海外からは利用ができないそうです。

しかしながら、海外から利用する方法があります。それは、海外にいながら、日本から通信を行える仕組みを利用します。海外で利用している端末から直接radikoに接続するのではなく、一度日本のサーバーを経由してからradikoに接続できるようになります。

 

それが、このサービスです。


どこからでもグローバル固定IPアドレスを利用できるサービス

 

radiko以外にも、日本国内からしか利用できないサービスを海外から利用する必要のある場合、こちらが有効だと思われます。

Excel コメントの位置 戻す

Excelにはコメント機能という、セルに吹き出しがつけられる機能があります。

これが便利でよく使っているのですが、コメントの位置がセルの遠くになってしまって、戻すのに苦労することがあります。

位置をセルの近くに戻す(リセットする)方法を調べたところ、こちらのページに書いてある方法が一番簡単でした。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/5494996.html

 

コメントのあるセルをコピーして空のセルに貼り付ける

貼り付けたセルを切り取り

元のせるに貼り付け

 

これだけで、コメントの位置がセルの近くになります。

地道にドラッグして直すよりは、かなり楽ですよね。

Gmail エイリアス

Gmailにエイリアスという機能があるのをご存知でしょうか。

 

例えば、abcedfgfhxxxxxxxxxx@gmail.comというメールアドレスがあったとします。(例で出しただけなので、実際にメールを送らないでください)

abcedfgfhxxxxxxxxxxの部分に「.」を入れたアドレス宛てのメールも受信することができます。

例えば、
・abc.edf.gfh.xxxxxxxxxx@gmail.com
・abc..edf..gfh..xxxxxxxxxx@gmail.com

のように、いくつ、どこの入れてもOKです。

 

また、「+」「yyyyyy」のように、アドレスの最後に追記しても、同様に受信することができます。

例えば、

・abcedfgfhxxxxxxxxxx+001@gmail.com
・abcedfgfhxxxxxxxxxx+002@gmail.com

のような感じです。

 

両方を組み合わせて使うこともできます。

・abc.edf.gfh.xxxxxxxxxx+001@gmail.com

 

用途ですが、今、無料で登録できるインターネット上のサービスというのがたくさんあって、メールアドレスを使って登録することが多いと思います。

それで、迷惑メールが送られてきたりするわけですが、どこに登録したのが原因なのか、特定するのは困難です。

 

登録するたびに、このエイリアスの機能を使って目印をつけておけば、


・Aサイトのときは「+001」
・Bサイトのときは「+002」

のように

迷惑メールが来たときの宛先アドレスを見ることで、どこに登録したことで送られてきたメールかを特定することができます。

 

また、ブログを複数作りたいときなどに、メールアドレスをその数だけ用意する手間を省くことができます。ただし、この機能によって登録ができるかどうかはブログの運営会社の裁量次第なので、急に使えなくなるリスクもあります。

そのため、大切なサービスへの登録にエイリアスを含んだアドレスを使うのはおすすめしません。

Twisty Road

Twisty Road!というゲーム、インスタの広告で出てきたのですが、面白そうなのでインストールしてみました。

 

デモの動画ではボールに人差し指を当てて操作しているのですが、実際にはボールの左右をタップすることで方向を変えてプレイします。

プレイスタイルが思っていたのと違いました。

なぞってプレイすると思っていたのが、タップでしたので。

 

やってみたら、とても難しかったです。ボタンを押し続けると曲がりすぎてしまうので適度に押す必要があるのですが、その加減が難しい。

慣れるまでに少し時間がかかりそうなゲームですが、スピード感がすごくあって、上手く出来るようになったらとても気持ち良さそうです。

時間術 本

「時間汚染」という言葉をご存知ですか?

研究者の間では一般的に使われている用語のようなのですが、私は聞いたことがありませんでした。とても刺激的な言葉ですよね。

この言葉に出会ったのが、時間術に関するこちらの本です。

メンタリストDaiGoさんの著作で『週40時間の自由をつくる 超時間術』です。

すぐ実践できる内容がたくさん入っています。全体を読まなくても、できるところから実践していって、飽きた頃に別なところを読んで実践して・・・という使い方が良いのかなと思いました。

一度に全体を頭に入れようとすると内容が多すぎて理解しきれず、すぐにできる部分に取り掛かるのにブレーキがかかってしまう気がします。