最近見ているYouTuberのチャンネルまとめ

なんとなくYouTuberの動画を見ることが多いので、自分がどんなチャンネルを見ているかまとめてみました。

─────────────────────────────
ぷろたん 日記:
元々は筋肉女装でぶっ飛んでいたのが面白くて見ていた。最近は女装ネタは少なくなっている。

夏シロ:
ぷろたん さんの動画でコラボしていたので、その流れで見始める。更新が少ない。

丸の内OL レイナ:
ノーコメントで(笑)。こちらも ぷろたん さんの動画より。

みずにゃんちゃんねる:
はじめしゃちょー さんの浮気問題を告発した人物。架空請求業者に電話して懲らしめる動画が面白い。

PROWRESTLING SHIBATAR ZZ:
シバターさんのチャンネル。サムネイルで「裸体で喋っている変なおっさん」がいて気になっ
てしまって見始めた。他のYouTuberへの意見を言うなどする、炎上系。私と同年代なので応援している。

カズチャンネル:
パソコンなどのレビューをしている。Surface購入の際には参考にした。

ポッキー:
ゲーム実況。たぶん、Hello Neighberというゲームのクリアをした動画が急上昇に載ったのがきっかけ。

明日香ちゃんねる:
スーパーマリオメーカーの実況。難コースをクリアしていく過程が面白い。

恭チャンネル:
たぶん急上昇に何かが載っていて見始めた。嫌味がない。

Fischer’s:
メンバーがたくさんいて、やり取りが学校の男子グループを見ているようで面白い。嫌味がない。

すしらーめん《りく》:
卓越した身体能力を持っていると思う。ものすごく本気で撮っているというのが面白い。

KAZUYA Channel:
ニュースとそれに対する意見を述べるという、珍しいスタイルのYouTuber。
─────────────────────────────

最初は新鮮なので同じ人の動画をずっと見ていても飽きないのですが、どうしても同じようなネタが多いのでだんだん飽きてきます。そうすると、別な人の動画も見るようになりました。

シバターさんによれば、チャンネル登録者数が10万人を超えると、YouTubeで生計を立てることができるのだそうです。最初は純粋に面白い動画を見ていただけで、チャンネル登録はしていなかったのですが、だんだん同じ人の動画を見ることが多くなると、チャンネル登録がしたくなります。

複数のチャンネル登録をしていると、今度は登録者数が多いのか少ないのかというのも気になるようになりました。

日本のYouTuberだと、チャンネル登録100万人を超えるととんでもなく上位で、200万人を超えると怪物クラスだと言えると思います。

ここに挙げたのは、いわゆるYouTuberがやっているチャンネルです。これ意外に、演奏動画のチャンネルや、ビジネスのノウハウを公開しているようなチャンネルがあります。

楽器の教本で、書籍と連動して解説動画をアップしている場合もありますね。これは非常にありがたいです。

こんな感じで、今回はYouTubeの魅力が少しでもお伝えできればと思い、記事を書きました。なお、一度足を踏み入れると抜け出すのは難しいので、ハマりすぎにはご注意ください。

鬱か?

会社を辞める直前にもそんな時期があったのですが、なんだか鬱っぽいような気もしてきました。

当時、引継ぎに追われて病院に行く間もなく会社を辞めて、その後は気持ちも楽になったので放置していたのですが、根本的には会社ではなく自分に問題があるのだろうなという感覚は、無くはありませんでした。

まだ、病院に行こうという踏ん切りはつかないのですが、一度足を運ぶべきかもなあと思い始めています。

バズを知らない恥を知れ。

バズを知らない恥を知れ。

 

今、たまたま「ぷろたん」さんの動画を見ていたら話しに出て来たので、このCMを視聴してみました。

インフルエンサープロダクション、VAZが作成したCMです。Web限定公開だと思います。
色んなYoutuberの方が参加されています。

 

「バズ」という言葉、だんだんと一般的になってきましたね。と言ってもネットに関わる人限定だとは思いますが。

動画や言葉などが、すごく流行って、SNSなどで瞬時に拡散されていく様

を表しているというのが今の私の「バズ」の理解です。Youtuberはズバってなんぼ。タイトルでつい見たくなってしまう「釣り」動画など、趣向を凝らした動画を制作されています。

 

冒頭のタイトル。キャッチ―で覚えやすいですね。私も、一度聞いただけで覚えられたので、すぐに検索して見つけることができました。覚えやすいけれども、インパクトがある。プロの考え出すフレーズはすごいですね。



ねじ巻き精霊戦記

Amazonプライムビデオで、ねじ巻き精霊戦記を見ています。今、第1話~第3話を見終わって、4話目を見ているところなのですが、少々感想を書きたいと思います。

若い男女、イクタとヤトリが物語の中心人物のようです。
イクタは策略を練るのに長けており、体術にはあまり長けておらず、ヤトリは体術に長けており非常に戦闘力が高いです。

最初、イクタとヤトリが会話していて、イクタが未来の様子を確信をもって語っていたので、未来から来たような設定なのかと思ったのですが、ここまで見てきて、どうやら、単純に先を読む力に長けているということだと分かりました。

 

単純に、こういう世界観の話は好きなんですよね。なので、私はこの話は好きです。

主人公は智将なので、理屈っぽいところがあります。そこがまた良いですね。
(語りのシーンが長くなります)

戦闘シーンは残虐なシーンが含まれています。(苦手な方もいるかもしれませんね。)

軽く恋愛要素もあります。

 

すみません、あまりうまく感想が書けなかったのですが、1話目を見て好みに合うようなら、2話目以降も面白いのではないかと思います。2話目以降で大きく変わることはないので、そこで判断して良いのではないかと。

というのが、4話目まで視聴を終えたところまでの所感でした。

勇者王ガオガイガー

[アニメ あらすじ 感想 総評] ブログ村キーワード

気分転換に動画でも見ようと思ってAmazonプライムビデオを眺めていたら、懐かしいアニメを発見しました。バンダイチャンネルです。


勇者王ガオガイガー

何歳の頃だったか。小学生くらいでしょうね。
この手の合体するロボットのアニメがとても好きで、必ず見ていました。出かけるときは必ずビデオに撮ってましたし、そうでなくても、最終回なんかは繰り返し見ていました。

そんなわけで、第一話を見ているのですが、主人公は両親から生まれたのではなくて、ライオン型ロボットの口から出てきた赤ん坊だったんですね。

細かい設定はみんな忘れてしまいました。

—-第1話を視聴後追記

主人公だと思った少年、マモルは、主人公ではない感じですかね?
20歳のお兄さん(マモルはおじさんと呼んでいる)、ガイの方がロボットに乗り込んでいて主人公っぽいです。エンディングの声優の名前も先に出てきますしね。

ロボットは「合体」ではなく、「フュージョン」していました。

ガイ(サイボーグだと解説されていたと思います)は、ライオンロボットとフュージョンすることで、ライオンロボットは人型ロボット(ガイガー?)になります。

そして、人型ロボットに、飛行機、新幹線、あとドリルが2個ついた謎の戦車がフュージョンすることで、ガオガイガーが誕生します。

ロボット同士の接続部分の描写がすごくリアルでカッコイイのです。見たことのない方は一度見ていただきたいですね。

 

そして、マモル。彼は、最後、羽が生えて、額には謎の文様が浮かび上がって光りながら空を飛んでいました。

うーん。役どころは全く思い出せません。