ねじ巻き精霊戦記

Amazonプライムビデオで、ねじ巻き精霊戦記を見ています。今、第1話~第3話を見終わって、4話目を見ているところなのですが、少々感想を書きたいと思います。

若い男女、イクタとヤトリが物語の中心人物のようです。
イクタは策略を練るのに長けており、体術にはあまり長けておらず、ヤトリは体術に長けており非常に戦闘力が高いです。

最初、イクタとヤトリが会話していて、イクタが未来の様子を確信をもって語っていたので、未来から来たような設定なのかと思ったのですが、ここまで見てきて、どうやら、単純に先を読む力に長けているということだと分かりました。

 

単純に、こういう世界観の話は好きなんですよね。なので、私はこの話は好きです。

主人公は智将なので、理屈っぽいところがあります。そこがまた良いですね。
(語りのシーンが長くなります)

戦闘シーンは残虐なシーンが含まれています。(苦手な方もいるかもしれませんね。)

軽く恋愛要素もあります。

 

すみません、あまりうまく感想が書けなかったのですが、1話目を見て好みに合うようなら、2話目以降も面白いのではないかと思います。2話目以降で大きく変わることはないので、そこで判断して良いのではないかと。

というのが、4話目まで視聴を終えたところまでの所感でした。

勇者王ガオガイガー

[アニメ あらすじ 感想 総評] ブログ村キーワード

気分転換に動画でも見ようと思ってAmazonプライムビデオを眺めていたら、懐かしいアニメを発見しました。バンダイチャンネルです。


勇者王ガオガイガー

何歳の頃だったか。小学生くらいでしょうね。
この手の合体するロボットのアニメがとても好きで、必ず見ていました。出かけるときは必ずビデオに撮ってましたし、そうでなくても、最終回なんかは繰り返し見ていました。

そんなわけで、第一話を見ているのですが、主人公は両親から生まれたのではなくて、ライオン型ロボットの口から出てきた赤ん坊だったんですね。

細かい設定はみんな忘れてしまいました。

—-第1話を視聴後追記

主人公だと思った少年、マモルは、主人公ではない感じですかね?
20歳のお兄さん(マモルはおじさんと呼んでいる)、ガイの方がロボットに乗り込んでいて主人公っぽいです。エンディングの声優の名前も先に出てきますしね。

ロボットは「合体」ではなく、「フュージョン」していました。

ガイ(サイボーグだと解説されていたと思います)は、ライオンロボットとフュージョンすることで、ライオンロボットは人型ロボット(ガイガー?)になります。

そして、人型ロボットに、飛行機、新幹線、あとドリルが2個ついた謎の戦車がフュージョンすることで、ガオガイガーが誕生します。

ロボット同士の接続部分の描写がすごくリアルでカッコイイのです。見たことのない方は一度見ていただきたいですね。

 

そして、マモル。彼は、最後、羽が生えて、額には謎の文様が浮かび上がって光りながら空を飛んでいました。

うーん。役どころは全く思い出せません。

銀魂

Amazonプライム会員となったので、折角なので見たことのない番組をみてみようと、銀魂を見始めました。

(おそらく)かなりの人気番組だと思われる銀魂ですが、これまで一回も見たことがありませんでした。

江戸時代が舞台にも関わらず、宇宙人が侵略してきたことによって文明が発達。テレビもスクーターもあり、ビルまで建っているというかなりぶっ飛んだ設定のようです。

絵の見た目の印象からは、正義と悪の対決があって、冒険とともにストーリーが進んでいく感じを想像していたのですが、基本的に一話完結で、結構ギャグ要素のあるアニメでした。

見てみると、案外面白いですね。癖になる面白さです。