漫画が無料で読めるサービスのまとめ

私が愛用していた、グノシー漫画のサービスが終了となることが、アプリ上で通知されました。

グノシー漫画は、無料で漫画が読める画期的なサービス。ワンピースやナルトなど、一日一話読める専用のアプリがある漫画もありますが、グノシー漫画は、複数の漫画が読めるというのが魅力でした。

12月20日まででサービスは終了、チケットはグノシー漫画内でしか使えないそうなので、残っている場合は早めに使ってしまった方がよさそうです。

これを機に、無料で漫画が読めるサービスは他にどんなものがあるのか調べてみることにしました。

個人的には、こちらのサイトさんの記事が簡潔で読みやすいと思います。

【2016年版】おすすめの無料漫画アプリランキング!人気・有名作品が読み放題!【iPhone・Android】

ブックオフで本を売ると後悔する?

私はもともとSEとして働いていたので、家にある本にも技術書が多いです。

大きくは2つに分けられて、一つは、

SE向けの、プログラミングや、仕様のまとめかたについての本

もう一つは、

ビジネス一般の、PDCAや社会人としての心得などのビジネス書

です。冊数がかなりあって場所を取っているので、年末も近いことですし、読まなくなった本はまとめて処分しようと考えています。

捨てるよりはブックオフに売るべきだろうと、ある程度ダンボールに詰めたところで、ふと、本当にブックオフに売ってしまってよいのだろうかと考え始めました。

まずは、取得しようと思って結局取れなかった、簿記と中小企業診断士のテキストだなと思って、段ボールに詰めました。ここで、ふと、この中の一冊の値段をネットで調べてみたら、定価の半分ほどはいきそうだということが分かりました。
ダンボールに詰めた本

ブックオフでも、貴重な本には高値を付けてくれるのなら良いのですが、ホームページを見ても本ごとの買い取り価格はほとんど出ていなくて、高値買取のものが列挙されているだけでした。(その中には、この本は入っていませんでした)

ブックオフを利用したことのある知人や家族にも話を聞いてみましたが、雀の涙ほどの金額にしかならなかったとのこと。ネットで体験談を調べてみても、入金が早くて良いという利点はあるものの(これは宅配を利用した場合ですね)、金額については納得がいかないほど安かったというものばかりでした。

どうも、ブックオフに本を売るのであれば、希少価値を評価してもらえるとは考えない方が良さそうです。

ところが、私がこれまでに買い集めた本と言うのが、比較的ネットでの価格が高いものが多い気がして、ブックオフで売ってしまうのはもったいないなと思い始めたわけです。

現在、売却方法を検討しています。

なれるSE 13巻

久しぶりに読書をしました。

読んだ本は、「なれるSE 13巻」です。

このシリーズだけは全巻揃えようと思っていて、継続して購入しています。

今回の巻では、事前にレビューを少し見てしまったのですが、立華(漢字あってる?)の出番があまりないというのは知っていたのですが、確かにその通りでした。桜坂の独壇場のような感じでしたね。

要所ではしっかり登場していましたけれどね。

今回のテーマは新人教育。ゆとり世代の問題児が入社してくるわけで、レビューを見ていると、桜坂目線で共感するものが多いように思いますが、私はどちらかというと、新入社員側の方に共感したところがありました。

今思うと、会社でそれなりの期間勤めましたが、まだまだ未熟だったのだなあと思います。会社の教育方針が割と、社員を大事に大事に育てようというところがあって(会社というより、部署かもしれませんが)、例えば、お客様先に出すのはしっかり社内で教育を済ませて力をつけてからにしようというような風潮がありました。

これに反対して、どんどん客先に出すべきだとおっしゃっている方もいて、私はその方にはよく、外に連れ出していただいていました。

仕事に対してプライドを持って働けていたか。そうでもなかったかもしれない。
やりたい仕事だろうと、そうでなかろうと、ひとたびその会社に就職したからには、プロとしてプライドを持って仕事をしなければならないと思いますが、自分にはそれが足りていなかったかもしれないなと今は思います。

思考停止になったら負けですね。最後、私は作業をこなすだけのマシーンのように化していましたが、考えることから逃げてしまっていたのかもしれません。

最大限まで働いているのだから、どんな結果になっても仕方ないだろうと思っていました。

でも、結果を出す方法を、限られたリソースで求めていく姿勢というのは、絶対に失ってはいけないものでした。この辺の意識は、自分がしっかり持っていないとすぐに忘れてしまうんですよね。

自分の忘れっぽさには本当に驚きます。

今はまだ、この先の道は模索中ですが、自分で迷いなく、自信とプライドを持って歩める道を進みたいと思いっています。

ブックカバー フリーサイズ

私は、フリーサイズのブックカバーを愛用しています。

元々はブックカバーは使わない派で、本をむき出しにしていました。これは、中学、高校、大学と、図書館で借りた本をよく読んでいた頃の話です。

そういう本は、表面に保護用のシートが貼ってあったり、外側のツルツルのカバーを外して中のざらざらの本体がむき出しにしてあったりして、手の汚れが本につきづらい状態だったので、気にならなかったというのも大きいと思います。

社会人になってから、本をよく購入するようになりました。欲しい本はできるだけすぐに買うようにしました。理由は、高校や大学の図書館で借りて良いなと思った本を、後からお金に余裕が出て来たから買おうと思って探してみると、絶版で手に入らないというものが意外と多かったためです。

特に、私は趣味で音楽をやっているのですが、音楽関連の書籍のように読者が限られる、ましてや特定の楽器のものとなると尚更、初版だけで絶版となってしまう本も多いのです。

後から中古でも良いので購入しようとしても、プレミア価格になってしまっていて手が出せないということも良くあります。

そんなわけで、社会人になってからは本を買うことが多かったのですが、購入した本はやはり汚したくないわけで(本当は借りた本も汚してはいけないのですけどね)、そして、通勤中の電車で読むというのも影響して、ブックカバーを使うようになりました。

最初は、もともと持っていた文庫用や新書用のものを使っていたのですが、当然他のサイズのものも欲しくなってきます。

全てのサイズのブックカバーを買うのもバカバカしいなと思っていた時に見つけたのが、このブックカバーです。

Beahouse フリーサイズブックカバー ベアハウス べあはうす 日本製 (文庫、B6、四六、新書、A5、マンガ、ノート) 大きさを変幻自在に変えられるブックカバーフリーサイズ 文庫カバー 文具クリエイター阿部ダイキ 文庫からA5サイズ対応 【ポストイン指定商品】 10P01oct16

これは、自分でサイズを自由に変えられるというアイディア商品。

折って使うので、縦幅は自在に変更できます。

image

巻き付けた後に余りを全て折り返すので、本の厚さにもよらず使うことができます。

image

難点はと言うと、折り返した端が分厚くなってしまうことでしょうか。マジックテープ自体は、普通のチクチクしたかぎ爪 + ふわふわの布地 というセットではなくて、不思議な素材のテープになっていて、そこの厚さは気になりません。
しかし、この端の部分だけは布の端の処理のためか厚みがかなりあって、折り返すとここが縦の途中に来てしまうので、ちょっと気になります。

image

それから、布を折って使うので、当然跡が残ります。大きめの本に付けた場合、文庫の線、新書の線がくっきりとついているのを見ることになります。

image

この辺りの事情から、完璧な製品とは言えないため、Amazonのレビュー等を見ても評価が割れているのですが、私はこれらが少し気になるにしても、それよりもブックカバーを一つに統一できる利点が大きいと思っているので、この製品はとても良いと思っていますし、実際愛用しています。

このブックカバーが好みでない方というのは、おそらく、ブックカバーをたくさん持っていて、使い分けるのが苦ではないとか、ブックカバー自体を集めるのが好きとか、そういう方なのではないかと思っています。

多少使い勝手が悪くても、できるだけ物は持ちたくないという方には、この製品はお勧めです。

人気漫画が何巻まであるかを調べてみた

こち亀が200巻で終了しましたが、すごい巻数ですよね。こち亀展なんかも開かれたりと話題になって、他の漫画の巻数はどんなものなのかと気になりました。

そこで、人気漫画の巻数を調べてみることにしました。

まずは、人気漫画の定義についてですが、これまでの発行部数が多いものと考えました。

以下のサイトを参考に、発行部数の上位20位までをピックアップしました。
漫画全巻ドットコム 歴代発行部数ランキング

1位 ワンピース

部数(万部) 32,086
作者 尾田栄一郎
初出(年/雑誌) 週刊少年ジャンプ/1997年34号
最新巻(2016/10現在) 82

国内だけでなく、海外での売り上げもすごいようです。最近、Androidで無料で毎日1話読めるアプリがあって読んでいますが、とても夢中になります。こういう、世界観がしっかりしている漫画だと、ネットで設定を調べるだけでも楽しめるんですよね。悪魔の実の能力一覧など、ついつい調べてしまいます。

2位 ゴルゴ13

部数(万部) 20,000
作者 さいとう・たかを
初出(年/雑誌) ビッグコミック/1969年1月号
最新巻(2016/10現在) 181

こち亀が200巻をもって終了で話題になっていますが、こちらも200巻に迫る勢いで巻数を伸ばしています。

3位 ドラゴンボール

部数(万部) 15,700
作者 鳥山明
初出(年/雑誌) 週刊少年ジャンプ/1984年51号
最新巻(2016/10現在) 42(JC),34(完全版)

新作アニメが放送されて、また注目を集めていますね。

4位 こちら葛飾区亀有公園前発出所

部数(万部) 15,650
作者 秋本治
初出(年/雑誌) 週刊少年ジャンプ/1976年42号
最新巻(2016/10現在) 200

40年の週刊連載で一度も休載をしていないという、恐るべき漫画です。

5位名探偵コナン

部数(万部) 14,000
作者 青山剛昌
初出(年/雑誌) 週刊少年サンデー/1994年5号
最新巻(2016/10現在) 90

1990年代の作品にもかかわらずこの部数出ているというは本当にすごいと思います。毎年映画も大人気となっていますし、まだまだ人気は続きそうですね。

6位 ナルト NARUTO

部数(万部) 13,500
作者 岸本斉史
初出(年/雑誌) 週刊少年ジャンプ/1999年43号
最新巻(2016/10現在) 72

NARUTOとワンピースは絶対読むべきだという人がいるほど、ストーリーが優れた作品です。ジャンプの王道、友情やまっすぐに困難に挑戦していく姿が描かれていて、読んでいてとても気持ちの良い漫画だと思います。

7位 美味しんぼ

部数(万部) 13,000
作者 雁屋哲/花咲アキラ
初出(年/雑誌) ビッグコミックスピリッツ/1983年20号
最新巻(2016/10現在) 111

かなり昔、アニメで放送していたので、現在も続いているということを忘れがちになりますが、しっかり続いている漫画です。

8位 SLAM DUNK(スラムダンク)

部数(万部) 12,000
作者 井上雄彦
初出(年/雑誌) 週刊少年ジャンプ/1990年42号
最新巻(2016/10現在) 31(JC),24(完全版)

週刊少年ジャンプ/1990年42号 31(JC),24(完全版) これはとても好きな漫画で、特にアニメで楽しんでいました。一番人気があった時期だと毎年夏になるとスラムダンクの一挙放送があって、よく見ていたものでした。

9位 ドラえもん

部数(万部) 10,000
作者 藤子・F・不二雄
初出(年/雑誌) 小学館の学年誌/1970年1月号
最新巻(2016/10現在) 45

小学館の学年誌とは、よいこ、幼稚園、小学一年生~四年生のこと。しかし、のちには小学一年生~小学六年生への掲載と変わっており、狙いとする年齢層が少し高くなったようです。これも知らなかったことですが、最初はギャグマンガとしてスタートしていたようなのですが、近年の作品はどちらかというと感動できるストーリーになっていますよね。

9位 鉄腕アトム

部数(万部) 10,000
作者 手塚治虫
初出(年/雑誌) 少年/1951年4月号
最新巻(2016/10現在) 9(手塚治虫文庫全集 BT)

名前は知っていても、あまり読んだことはない作品です。日本人として生まれたからには一度は全巻を通して読んでみたいものです。

 

9位 タッチ

部数(万部) 10,000
作者 あだち充
初出(年/雑誌) 週刊少年サンデー/1981年36号
最新巻(2016/10現在) 26

こちらも名作中の名作。私はアニメで見ていました。アニメ主題歌は今でも人気があって、タッチ世代ではないはずの学生の演奏会でも耳にすることがあります。

12位 金田一少年の事件簿

部数(万部) 9,000
作者 天樹征丸、金成陽三郎/さとうふみや
初出(年/雑誌) 週刊少年マガジン/1992年45号
最新巻(2016/10現在) 27

私が最初にこの作品を知ったのは、Kinki Kidsの堂本剛さんが主演したドラマでだったと思います。謎解きの要素が面白くて、怖がりながらも夢中になって見た記憶があります。

12位 ジョジョの奇妙な冒険

部数(万部) 9,000
作者 荒木飛呂彦
初出(年/雑誌) 週刊少年ジャンプ/1987年1・2号
最新巻(2016/10現在) 117

登場キャラクターが、通常では不可能なポーズをしているのを真似した、「ジョジョ立ち」が一斉を風靡した時期もありましたね。コアなファンは意外と多くて、所属しているどこのコミュニティにも、大抵一人は詳しい人がいます。

14位 サザエさん

部数(万部) 8,600
作者 長谷川町子
初出(年/雑誌) 夕刊フクニチ/1946年4月22日
最新巻(2016/10現在) 45

国民的な名作で、アニメは今でも続いていますね。一時期は全く見ていなかったのですが、最近懐かしさもあって、アニメを見ることが増えています。

15位 BLEACH

部数(万部) 8,200
作者 久保帯人
初出(年/雑誌) 週刊少年ジャンプ/2001年36・37合併号
最新巻(2016/10現在) 74

一時期とてもハマっていた漫画です。連載が終わってたのは知りませんでした。途中で主人公が死神の力を失ってしまったり、色々と大きい展開があって面白い漫画だったと思います。

16位 はじめの一歩

部数(万部) 7,550
作者 森川ジョージ
初出(年/雑誌) 週刊少年マガジン/1989年43号
最新巻(2016/10現在) 115

失礼ながら、昔の伝説の漫画というイメージなのですが、今もしっかり連載が続いています。一歩がパンチドランカーになったのではないかというのが、巷では話題になっているようですね。

17位 三国志

部数(万部) 7,000
作者 横山光輝
初出(年/雑誌) 希望の友/1974年04月
最新巻(2016/10現在) 60

三国志という題材は良く使われている印象ですが、こんなに人気のある漫画があるというのは認識していませんでした。

18位 キャプテン翼

部数(万部) 6,500
作者 高橋陽一
初出(年/雑誌) 週刊少年ジャンプ/1981年18号
最新巻(2016/10現在) 37、1(ボクは岬太郎)、1(ワールドユース特別編 最強の敵!オランダユース)、18(ワールドユース編)、15(ROAD TO 2002)、12(GOLDEN-23)、2(海外激闘編 IN CALCIO 日いづる国のジョカトーレ)、6(海外激闘編 EN LA LIGA)、4(ライジングサン)

日本のサッカー人気を支えた立役者ともいえる漫画です。読んでいると、サッカーがやりたくなってくると思います。私も、小さいころ、登場キャラクターの必殺シュートを真似て遊んだものでした。

18位 HUNTER×HUNTER

部数(万部) 6,500
作者 冨樫義博
初出(年/雑誌) 週刊少年ジャンプ/1998年14号
最新巻(2016/10現在) 33

非常に名作で、世界観が素晴らしいと思います。休載が多く、中々話が進まないのですが、なんとか最後まで描ききっていただきたいと思います。

20位 北斗の拳

部数(万部) 6,000
作者 武論尊/原哲夫
初出(年/雑誌) 週刊少年ジャンプ/1983年31号
最新巻(2016/10現在) 27

「お前はもう死んでいる」の台詞はあまりに有名ですが、意外と漫画自体は読んだことがありません。これも、何かの機会に読んでみたいです。

20位 キン肉マン

部数(万部) 6,000
作者 ゆでたまご
初出(年/雑誌) 週刊少年ジャンプ/1979年22号
最新巻(2016/10現在) 56

プロレス好きの友達は欠かさずアニメを見ているようでした。

20位 花より男子

部数(万部) 6,000
作者 神尾葉子
初出(年/雑誌) マーガレット/1992年
最新巻(2016/10現在) 37

実写映画化や、韓国でのドラマ化などが話題になりました。

こうやってみていくと、発行部数が多いものは巻数も多いとは限らないことが分かりました。そして、昔からやっているのでもう終わっていると思っていた漫画が、まだ続いていたりという驚きもありました。

長いものだと一つの作品を数十年スパンで画き続けていることになります。それだけ長期間にわたり作品と向き合い続ける漫画家の先生方は、本当にすごいと思います。

当初目的の巻数についてですが、こち亀の200巻は圧倒的ですね。しかし、ゴルゴ13が181巻とこれに迫っています。こちらが200巻を超えるまで続くのかどうかは注目したいところですね。
それから、かなり差が開きますが、ジョジョ。こちらも近年アニメも放送されて人気が高まっているのでまだまだ巻数を伸ばすのではないかと思います。

と言って、一人の漫画家が活動できる年数というのにはやはり限度があるのでしょうから、200巻というのは、かなり限界に近い数字なのではないかという気もしますね。二代に渡って同じ漫画を描き続けるとか、そういう漫画家が登場しない限りは、これを大きく超えた記録は出てこないでしょうね。